Aちゃんはネットでの出会いの先輩です。
完璧なビギナーの私は、ネットでの出会う方法が全くわかりませんでした。
そこで詳しい説明をしてもらうことになりました。
「間違った出会いの方法っていうのもあるの」
「それはどんな?」
「例えば、登録しなくてお金も必要ない無料の掲示板とかあるでしょう。気楽だから誰でも使いたいと思うんだけど、あまり出会いには向いていないサービスだったりするんだよ」
「そうなの?」
「登録もしなくていいでしょう、本人確認もしないでしょう、しかも無料でしょう、だからろくな男がいないって感じ。あとは、アドレスを収集する業者も多いし、詐欺とかも多いんだよ」
「そんなに怖いところなの?」
「そうなんだよね、最初掲示板を使ってみたんだけど、投稿内容とか読まないでメール来る人がほとんど。ネットワークビジネス勧誘も多いから腹立ったよ」
「それじゃ、どうやって?今のセフレは?」
「それで、SNS だったらって思ったんだけど、これマッチングサービスじゃないから冷やかしが多いんだよね。そこで調べまくってみたんだけど、インターネットで男女が出会うために遣うべきは、やっぱりマッチングサービスじゃないとダメみたい」
「それってどんなサービスがあるわけ?」
「出会い系サイトってあるじゃないの。あれ」
「出会い系サイト…」
「悪質なサイトがほとんどなんだよね、だから使うときは注意が必要」

Aちゃんは、とても詳しく丁寧に説明をしてくれました。
出会い系サイトの9割は悪質な詐欺サイトだと言うこと。
だから利用すると、とても危険だと言われました。
だけど、ほんの1割だけ真面目に運営している優良って言われる出会い系があることも教わりました。
登録しなければならないこと、優良サービスになること、ただ女の子は無料で利用ができるということでした。
本人確認の身分証をサイト側に出さなければいけないと聞いて、驚くばかりでした。
だから詐欺師とか、冷やかしとかいないんだなってわかったんです。
安心してクリトリスの開発をしてくれる人と、出会えるんだとほっとした気分になっていました。