クリトリス調教をしてくれる方と待ち合わせし、ラブホテルでの関係が始まりました。
とても緊張してしまったのですが、優しく私の気持ちをリードしてくれる方でした。
クリを吸引するためのポンプを膝の上に置かれた時、完全に心に火がついた状態になってしまったのです。
スカートを捲り上げられ、パンツを下げられてあそこをジロジロ見られていきました。
「とっても綺麗なオマンコ、クリトリスは肥大しているね」
恥ずかしいことを言われて心臓はバクバクだけど、エッチな気持ちは激しく盛り上がります。
シャワーをさせられて、彼の前で足を広げて吸引が始まりました。
ものすごいエッチな気分、激しく燃え上がる私の心、終始エッチな言葉を使いながら私の気持ちを乱れさせてくれました。
ぷっくりと膨らんだ私のクリトリスを、指で刺激をしてくれます。
敏感になっているから、お汁も激しく噴き出してしまっていたようでした。
「マン汁がすごい状態だね、大洪水だよ。なんてエッチな女の子なんだ」
「やぁっ…はぁっああ、恥ずかしいです…」
クリトリスローターで刺激を受けたり、クリトリスバイブでより強い刺激を与えてもらったりを続けられてしまったのでした。
体は震えてくるし、意識の方も朦朧としたような状態でした。
私が使ったことがないおもちゃ、サティスファイヤは想像以上のものだったのです。

私のクリちゃんに吸いついて、刺激が走るのです。
これで何度もアクメを感じさせられてしまうのです。
頭が変になってしまいそうでした。
完全にされるがまま、そして電マを使った刺激まで始められてしまったのです。
痙攣するように感じ続けてしまって、彼も大満足のようでした。

 

 知り合った拷問官に、クリトリス拷問を長時間に渡ってやってもらいました。
とっても気持ち良くなり、激しい疲労を感じてしまいました。
前の彼氏にやってもらって以来の、強烈な拷問に私の心はすっかりと燃え尽きたような気持ちになっていました。

 

女性は完全無料定番サイト男性だけ有料
拷問官募集サイトBEST5
クリ拷問をされている女性から教わったサイト